美肌にする為に快眠するよう心がける

“肌を美しくしたいなら、なるべく早めに眠るべきだと言われる事も多いです。できれば22時頃に眠るべきという意見もあります。その理由は成長ホルモンです。

体の中では成長ホルモンは作られていますが、それにはゴールデンタイムがあります。22時頃からよく2時頃までは、ホルモンの生成が促されやすい訳です。
その成長ホルモンは、間接的には美肌効果があります。そのホルモンの生成を促してあげる方が良いので、よく「ゴールデンタイムに眠るべき」と言われるのです。

実際、それは間違いではありません。確かにゴールデンタイムなら、ホルモンは生成されやすいです。
ただ、極端に生成量が増える訳ではありません。確かに他の時間帯と比べれば、生成量は増えやすいです。それでも大量にホルモンが生成される訳ではないので、実はゴールデンタイムでなくても構いません。

それより大切なのは、眠りの質です。そもそもホルモンの分泌は、眠りのクオリティーに左右される傾向があります。眠りが良質でなければ、ホルモンの分泌量も限定されてしまうのです。
ですから肌を美しくしたいなら、良質な睡眠を心がける方が良いでしょう。

快眠のポイントは色々あります。例えば、体はできるだけ温めるべきです。入浴した時などは、自然とよく眠れている事もあるでしょう。眠る前にお湯を飲んでみるのも有効です。
それと運動です。やはり体を適度に動かしてあげる方が、眠りの質は良くなります。運動にはデトックス効果もありますし、肌を美しくする為にも、適度に体を動かすと良いでしょう。”