子供の身長に関わる成長ホルモンとその生産を促す方法

子供の身長は、骨との密接な関連性があります。骨と骨の間にある骨端線は、身長に大いに関わっているのです。
どういう事かというと、そもそも体の随所にある骨にはつなぎ目があります。2つの骨が接続されている訳ですが、それぞれの骨の端っこには骨端線というパーツがあるのです。いわゆる軟骨部分です。
子供の身長が小さいのは、その軟骨が十分に成長していないからです。ある程度軟骨が形成されれば、大人のように背が高くなります。

どうすれば軟骨部分が成長するかと言うと、ホルモンです。具体的には、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されています。それが軟骨部分に働きかける事によって、徐々に成長していく訳です。ですから子供の身長を伸ばしたいなら、成長ホルモンの生産を促してあげる必要があります。

どうすればホルモンが生産されるようになるかと言うと、重要な栄養分が2つあって、アミノ酸と亜鉛です。亜鉛を含む食品はあまり多くありませんから、サプリなどで補ってあげると良いでしょう。

そして、中高生におすすめのサプリはプラステンアップです。子供の成長を促進するサプリはたくさんあります。ただ、プラステンアップは成長ホルモンを分泌させる成分を始め、子供の成長に欠かせない栄養分を過不足なく網羅しています。もし、あなたの子供が小学生ならセノビックやアスミールなどで十分でしょう。

ですが、中高生ならプラステンアップ一択と言いきれます。プラステンアップの評判を知りたい方はプラステンアップの口コミが詳しく記載されたサイトを参考にしてください。

それと普段の生活スタイルです。栄養分を十分に補ってあげるだけでは、実は不十分です。しっかり快眠しておかないと、成長ホルモンの分泌量も限られてしまいます。ですから身長を伸ばしたいなら、よく眠る必要があります。

それと運動です。やはり運動量が不足してしまいますと、成長ホルモンの生産量も限定されてしまいます。運動し過ぎるのも良くありませんが、適度に体を動かしてあげれば身長も伸びやすくなります。