美肌の大敵!睡眠不足を避けよう

毎日が忙しく、なかなか睡眠時間を取れない人は肌に良くない生活を送っている可能性があります。美肌を作るには毎日のスキンケアや食事内容の見直しも大事ですが、睡眠の質も大きく関係するからです。

睡眠不足になると肌荒れが起こりやすくなります。睡眠中には体内の傷んだ部分を修復する作用が働きます。体や脳が疲れてもぐっすりと眠れば元の健康的な状態に戻るのは、この仕組みが体に備わっているからです。

しかし、睡眠不足だと体の補修が行われにくくなるため、疲れが残ったまま目覚めてしまいます。肌も臓器の一部ですから、その影響が色濃く出ます。たまに睡眠時間が短くなるだけなら問題ありませんが、これが連日続くと疲れが蓄積され、ニキビなどの肌トラブルを頻繁に起こす恐れがあります。

美肌を維持するために質の良い眠りを得るテクニックとして、寝る前のリラックスタイムを確保しましょう。パソコンやスマホ、テレビゲーム、ビデオ鑑賞などは目や脳に刺激を与えるため、寝付きが悪くなります。寝る前は控えましょう。

コーヒーなど、カフェインの入った飲料を飲みすぎるのも良くありません。目が冴えて眠れなくなります。
寝る前のお風呂はシャワーだけにせず、湯船にゆっくりと浸かるのがおすすめです。心身ともにリラックスして、眠れるようになります。リラックス効果のある音楽を聞いたり、アロマの香りを楽しんだりするのも良質な睡眠を促します。

ほどよい運動は眠気を促すだけでなく、体の代謝も良くなり、美肌効果を高めるためおすすめです。